会社によって違う利用規約|レンタルwifiで海外でも快適ネット利用inセントレア

会社によって違う利用規約

ワイファイ

利用規約をチェック

セントレアなどといった空港でwifiをレンタルするのであれば、規約についてもよく読んでおくようにしましょう。
海外ではもしものこともありますし、万が一通信が通じなくなってしまう場合もあります。そういった場合でも利用を保証してもらえるようにしておくのが消費者の心得の一つです。

読み方のコツがある

利用規約といえば約款や滅失毀損などと小難しい法律用語が並んでいるので、難しいと思ってしまって飛ばし読みしてしまうことが多いです。
しかし、基本的に飛ばし読みで大丈夫です。難しい言葉は理解しようとするより全体を読めば捉えやすいのです。例えば滅失毀損の項目を読めば「盗難にあった場合」などの内容が書かれているので、事前に読んでおくべき項目だということが分かります。

チェックしておいた方が良いよくある質問

キャンセルはできますか?

予約したのに友人や家族も同じようなプランでwifi契約していた、これは「よくある質問」の中でも多いのでキャンセル料について分かりやすく明記されています。セントレアなら出発2日前の17時に申し込めば、キャンセル料がいらないことがあります。

支払いの方法は?

基本的に支払いに関する質問は多くなりますが、この質問も多いです。しかも、フリーwifiだと確実に返してくれるという確約が欲しいため、業者ではWeb上で決済可能なクレジットのみで支払いを受け付けているところが多いのです。

当日はレンタルできないの?

当日でもレンタルを受け付けているところがあります。できれば余裕をもって受付フォームからの申し込みが求められていますが、在庫状況に応じて対応してくれます。セントレアでは3階の出発ロビーにカウンターを設けている業者があります。

二ヶ国に行く予定なのですが…

国によって利用できる電波帯が変わることが多いですので、もしアジアやヨーロッパなど足掛けをするなら一つのルーターでは間に合わない可能性があります。しかし、ヨーロッパなら周遊プランを設けて他国間で使えるようにしてくれています。

広告募集中